ボディのシャンプー編

車体を洗うためのシャンプーといっても、そもそも色々な種類があります。まずは自分の車に合うもの選ぶ事から始めましょう。
まず、汚れを落とすことに特化した一般的なものと、ワックスやコーティングが同時にできるタイプのもの、水垢や鉄粉など、普通のシャンプーでは落ちない汚れが落とせるもの、と目的に応じて様々な種類があります。その中から、自分の理想的なものを選びましょう。
                                                                                猫10できるだけ手間を掛けたくない人には、コーティング性能や、水垢落とし性能がある多機能なタイプがおすすめです。
種類を決めたら、正しい方法で洗っていきましょう。まずはボディについている砂などの汚れを、水で洗い流します。ここでしっかり流すことで、スポンジで傷が付くことを防ぎます。次に、シャンプーをしっかり泡立てます。 
                                                                                                                  
 
スポンジに直接付けるタイプもあります。勢いがある水でたっぷり泡立てたら、ルーフから、あまり強くこすりすぎないように洗っていきます。上のほうから下にむかって、順番に洗いましょう。ボディが熱くなっていたり、日差しが強いときには、液がすぐに乾いていまうので、水で流しながら行うと良いでしょう。
全て洗い終わったら、水で洗い流します。成分が残らないように十分に流すことで、跡も残らず、ワックスやコーティングをするときにも綺麗に仕上がります。

Comments are closed.