ミラー回りの磨き方編

自動車にはミラーというものがいくつか用意されているのですが、使用頻度の高いものとして知られているものには、サイドミラーと呼ばれているものが設定されています。現在の自動車の場合では、フロント両サイドのガラスの付け根部分に設置されていることが一般的になり、汚れやすい部分としても認識されています。 
                                                                                                                     

後続車などを確認する際に利用することになるために、自動車を運転する上では欠かすことのできないパーツとして利用されています。ミラー回りなどに関しては小まめにお手入れを行うことが良い方法になり、ミラー部分が汚れてしまった場合では、一定の磨き方というものが用意されています。汚れの状況によっても異なりますが、一般的な洗車で除去することが困難な状況であれば、水垢用の専用のクリーナーを用いることが良い方法です。
                                                                                                              
ただし、ミラー部分にブルーのシートなどが張り付けられているタイプの場合では、強い研磨剤などが入っているものを使用してしまうと、逆効果になってしまう可能性を持っているために、注意が必要になります。綺麗に汚れを除去できた方の場合では、各種コーティングを行うことがおすすめになります。その中には、雨水などを付着させないタイプも用意されており、快適な運転を行うことができます。

Comments are closed.