鉄粉の取り方編

自動車の洗車でうまくいかないのが鉄粉取りです。鉄粉は走行中に道路から拾ってしまうさまざまな部品などから剥がれた小片や砂鉄などです。鉄粉は粉状ですが、触るとザラザラしており、ボディーに着くと手触りで分かるほどです。また、黒色が多いですが、一部白やピンクなど元の部品の着色が残っていることも多いようです。
                                                                                                                                
鉄粉がボディーに着くと汚れ以外にボディを傷つけます。鉄粉が付いたボディの塗料は小さなキズでも被害がでてしまい、サビや塗料の変色に繋がる厄介な問題です。鉄粉除去には市販の薬剤を使うのが一番効果があります。洗車ブラシなどでこすったり、歯ブラシなどでこすりとると、ボディ自体の塗料まで傷つけることも多く、また、鉄粉の接着は強固なこともあるので無理に剥がすことは厳禁です。
                                                                                                          

市販の薬剤は鉄粉除去だけではなく、ボディコートの役目もすることがありますので、利用する際には鉄粉が付いている箇所を含めて水で汚れを落としておくことをおすすめします。ただし、鉄粉の付いている場所は優し目に洗うことが重要です。市販の薬剤によって鉄粉は取れますが、取れた後は、鉄粉付着防止剤入りワックスなどで鉄粉の再着を防ぐことも重要になります。

Comments are closed.