ウインドウの磨き方編

自動車にはフロントガラスやサイドガラス、リヤガラスなど、複数のガラスが用意されているのですが、視界を良好に保つためには、メンテナンスをしっかりと行い、ボディと同様にガラスの部分にも配慮することが必要になります。 
                                                                                                    

自動車ガラスの場合では、汚れなどが蓄積されてしまうことが多く、特に屋根などの無い青空駐車を続けている方の場合では、ガラス部分に水垢が付着してしまうことがあります。この対処法としては自動車のウインドウ専用のクリーナーが販売されているために、まずは試してみることが良い方法です。しかし、中には非常に頑固な水垢となってしまい、通常の方法では汚れを除去することが困難になってしまう場合もあります。この場合の磨き方としては、ウロコ状の水垢を除去するためのキットなども販売されています。                                                                                                     
 
液体コンパウンドに似ている内容を持っているものになりますが、専用のスポンジを利用して窓ガラスを磨くことによって、比較的簡単に汚れを綺麗に落とすことができます。作業に関しては、広範囲に手を出さず、狭い範囲を集中的に磨き上げることを行う方法を繰り返すことが基本になります。作業後にはクリーナーを完全に洗い流すことも必要になり、その後は小まめに洗車を行うことが推奨されています。

Comments are closed.