ワックス・コーティング編

ワックスによるコーティングは、他の優れた技術のコーティングが登場している現在でも、根強い人気があります。カー用品店やホームセンターに行けば、多くの製品が店頭で販売されています。
ガラスコーティングなどと比べると耐久性がなく、塗り直しが必要になります。効果や持続性の面では、他の方法に劣りますが、費用を安く抑えられ、使用方法がとても簡単な為、現在でも多くの人に使用されています。                               

}PgžxQ原料は、主にヤシの木からとれるカルナバロウという植物性の油脂を使用していて、固形タイプと液体タイプがあり、一部には石油由来の成分を使用していたり、アルコールなどの有機溶剤が含まれていたりします。油脂類が主成分になっている為、水を弾いて汚れを防ぐことができ、キズを目立たなくする効果もあります。使用方法が手で塗りこみ拭き上げるだけなので、誰にでも簡単に使用できます。                   

固形タイプはツヤがでる成分がメインで、汚れを落とす成分は含まれていない為、しっかり洗車をした後で、使用する必要がありますが、液体タイプに比べ耐久性があります。
液体タイプは、研磨材など汚れを落とす成分が含まれているものが多く、汚れを落としながら使用することができます。

Comments are closed.